かかりつけ歯科医がいる人ほど長生き

2016.02.08

健康で長生きをする「健康長寿」は、誰もが望むことでしょう。
かかりつけ歯科医の存在は、その望みをかなえるためにとても重要なポイントの一つだということが言えます。
かかりつけ歯科医がいる人は、いない人と比べて、ずっと長生きなのです。
かかりつけ歯科医がいる高齢者を3年ごとに3回調査をした結果、寝たきりになった人はほとんどいませんでした。
さらに、要介護の進行度合いも、比較的ゆっくりだということがわかっています。

毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、磨き残しが全くないということはほとんどありません。
その磨き残した歯垢は、やがて固くなって、歯石になります。
そうなってしまうと、歯ブラシで取ることはできません。
歯を磨くのは以外に難しいことなのです。

 

例えば、半年に1回、かかりつけ歯科医に行くことによって、
そんな自分では取ることの難しい歯垢や歯石を取ってもらうことができます。

 

歯や口の健康状態に問題が生じてから行くのではなく、
予防やメンテナンスのために行くというのがポイントです。

 

院長:三光義男

ページトップ