「歯垢除去」「フッ素を残す」「菌を増やさない」の3つがむし歯予防の基本です。

2016.09.12

むし歯とは、口の中にいる細菌が糖分を餌にして作りだす酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。

 

ですので、毎日の歯みがきで細菌のかたまりである歯垢(プラーク)や糖を取り除くことで予防できるのです。

 

ハミガキに含まれるフッ素(フッ化物)は、歯が酸に溶けるのを予防する効果があります。

 

そして口の中の細菌を増やさないために、殺菌・抗菌作用のあるデンタルリンクを用いて仕上げましょう。

 

「歯垢除去」「フッ素」「殺菌・抗菌」の3つのポイントでむし歯を予防し、歯と口の健康を守りましょう。

ページトップ