フレイル

2018.06.25

高齢期になり心身の機能や活力が衰え虚弱になった状態を『フレイル』といいます。

このフレイルは要介護予備群として注目されています。

 

 

フレイルは健康と要介護の間の状態で、要介護となる危険性が高いだけでなく、

健康長寿を達成できる割合が下がると言われています。

 

また、多面的な特徴を持ち、身体の衰えだけでなく、心や社会性の衰えも含まれます。

 

フレイルの状態を加速させるのがサルコペニア(筋肉の衰え)です。

 

特に、社会性の低下(人と人とのつながりが少なくなったり、食事を独りでとるなど)が

負の連鎖となり、フレイルから要介護へドミノ倒しになる現象を『フレイル・ドミノ』といいます。

 

だから、より早く気づき、継続的に頑張れば機能を戻し、維持することができます。

 

身体や心のささいな衰え(プレフレイル=前虚弱)にいち早く気づくことが大事です。

 

フレイルを予防して健康長寿を達成するためには、『栄養・運動・社会参加』の3つが重要です。

 

要介護の状態にならないように、このような心構えを持って生活していくことが大切です。

ページトップ