歯周病の現在

2018.07.09

歯周病は、歯垢の中の歯周病菌が、歯肉に炎症をおこして、

歯を支えている骨などを溶かしてしまう病気です。

初期段階では、痛みなどの自覚症状がないため、重症化するまで気づきにくく、

歯を失う一番の原因になってます。

また、歯周病菌が全身の病気へ影響を及ぼすことがわかってきました。

 

 

歯周病は全身に関わります。

 

肺炎:食べ物や唾液とともに歯周病菌が気管に入り込み、

    誤嚥性肺炎を引き起こします。

 

糖尿病:糖尿病の人は、歯周病になりやすく、

     歯周病は糖尿病を悪化させます。

 

低体重児出産:妊娠中は、重度の歯周病により早産・低体重児出産の

         リスクが高くなると言われています。

 

癌治療の妨げ:癌治療の際に口内炎の重症化や術後性肺炎を

         起こしやすくなります。

 

歯周病は早産、動脈硬化、心筋梗塞、肥満などとも関係してることがわかってきています。

 

 

 

歯周病かどうかチェックしてみましょう。

 

・歯肉がムズムズする

 

・歯が浮いた感じがする

 

・冷たいものがしみる

 

・歯磨きで出血する

 

・起床時口の中がネバネバする

 

・口臭がする

 

・歯と歯の間に物が挟まりやすい

 

・歯がグラグラする

 

・タバコを吸う

 

・糖尿病である

 

など2つ以上該当は要注意です。

かかりつけの歯科医に相談しましょう。

ページトップ