口腔のケアの効果

2018.08.20

癌の治療には、お口の管理が必須です。

 

 

口腔のケアを行うと、

 

手術後肺炎が8%以上、

 

手術創部感染が5%、

 

抗がん剤や放射線治療による口内炎が15%以上、

 

それぞれ減少します。

 

 

 

また誤嚥性肺炎の予防にも効果があり、

 

発熱発生率が14%、

 

肺炎発生率が8%、

 

肺炎による死亡が9%、

 

それぞれ減少します。

 

 

 

さらには、在院日数をへらします。

 

心臓血管外科では19日以上、

 

血液内科では65日以上、

 

それぞれ減少します。

 

 

お口の中は、ばい菌がいっぱいです。

お口の中には、排泄物より多い微生物がいるといわれています。

その数なんと4000憶個!!

 

日頃からかかりつけの歯科医院を作って、お口の中をきれいに管理しておきましょう。

ページトップ