口臭の原因となる硫化水素を産生する酵素の立体構造と反応機構を解明。

2018.09.03

歯周病菌により産生される硫化水素は口臭の原因となるだけでなく、歯周病を悪化させる要因の一つであることが知られている。口腔内の硫化水素濃度と歯周病の進行度には高い相関があり、患者の口腔内の硫化水素濃度を測定すれば、口臭や歯周病の程度を判定する指標にもなる。口腔内で検出される硫化水素は歯周病菌が作る硫化水素産生酵素により、主にシステインというアミノ酸から作られる。これらの酵素の反応機構の解明が硫化水素産生の根本的な理解につながると考えられていた。
 そんな中、岩手医科大学薬学部の研究グループは、健常者を含め多くの成人で検出される歯周病菌Fusobacterium nucleatum(フゾバクテリウム ヌクレアタム)特有の硫化水素産生酵素Fn1055に着目。この酵素の立体構造と反応機構を解明したと発表した。酵素反応をミリ秒(1000分の1秒)オーダーで追跡し、この酵素がシステインから硫化水素とセリンを生成する反応機構が明らかになった。反応には酵素の構造変化を伴うことが強く示唆されたという。この研究結果は歯周病菌における硫化水素産生機構の理解につながるとともに、新たな洗口液成分の開発への期待がかかる。

ページトップ