虫歯と甘い食べ物、飲み物

2018.10.15

昔から「甘いものを食べると虫歯になる」と言われています。

 

 

食べ物や飲み物に含まれている甘い味は「糖」や「甘味料」によるものです。

その甘味料の種類によって虫歯の原因になるものや、なりにくいものがあります。

虫歯は、お口の中の虫歯菌が、糖質から歯を溶かす酸を作ることによってできます。

 

 

平成28年度の調査では、5歳児で「虫歯がある」と回答した人のうち、

ガム、チョコレート、アイス、アメなどのお菓子を「毎日食べる」人は、35.9%と高いのに比べて、

「ほとんど食べない」人は17.4%と低く、甘味料を食べる頻度が多い人ほど、

虫歯があることがしめされました。

 

同様に甘味飲料「ジュース、スポーツドリンク、乳酸飲料」を飲む頻度が多い人にも

虫歯があることがしめされました。

 

 

虫歯予防には、甘い食べ物や飲み物を だらだら食べたり飲んだりすることを控えましょう。

 

ページトップ