かかりつけの歯科医院を作っている人の状況

2018.10.29

毎日の適切な歯磨きは言わずと知れた 虫歯予防のための

大切な生活習慣です。

 

そしてもうひとつ、虫歯予防のために習慣にしてほしいことは、

「かかりつけの歯科医院を作って、定期的な歯科健診」です。

 

 

平成28年度の調査結果では、3歳から中学校1年生までは、

かかりつけの歯科医院を決めている人が80%以上ですが、

高校生になるとその割合が低下しています。

 

また、受診内容をみても、3歳から小学校4年生までは、

定期健診やフッ化物歯面塗布で受診している人の割合が50%以上と高いのに比べて、

中学1年生と高校1年生では低下して、虫歯の治療の割合が増えています。

 

 

かかりつけの歯科医院で定期健診を受診しましょう。

ページトップ