コラーゲンと歯ぐきの影響

2018.12.03

私たちにとって、美容と健康の維持に欠かすことのできないコラーゲン。
お肌に弾力やハリを与える役割はとても良く知られています。
そのコラーゲンですが、歯や歯ぐきにもとても重要な成分であることは、
あまり知られていません。

 

コラーゲンは、ヒトの体を構成するタンパク質の一種です。
体のあらゆるところに存在しています。

 

ところが、体内のコラーゲンは加齢とともに衰えて減少していき、
25歳をピークに40代で、およそ半分になってしまうそうです。
この現象が、お肌だけではなく、歯ぐきの弾力にも影響を与えます。
加齢とともに、お化粧のノリが悪いなどお肌のお悩みが増えてきたら、
歯ぐきにも衰えの影響がでているかもしれません。

 

歯周予防には、健康な歯ぐきを保つことがとても大切です。
加齢に応じてスキンケアを工夫するように、
40代を目安に歯ぐきのケアも見直してみてはいかがでしょうか。

 

ページトップ